大阪・関西から全国まで!会社のロゴ・マーク制作ならロゴリン

来春起業をお考えの皆さんに朗報!その理由は…

「起業・創業支援の総合サービス」ロゴリンプレミアム

デザインはもちろん、資金調達や運用創業計画・マナー指導まで…
あなたの起業・創業を多方面でバックアップいたします!

ロゴマーク作成サイト「ロゴリン」TOPページ > 「起業・創業支援の総合サービス」ロゴリンプレミアム

ロゴリンプレミアムとは?

起業・創業支援の総合サービスです 御社の「第一印象」をデザインします。

私たちは42年間、商業広告における印刷物や販促物、ホームページの制作ならびに店舗装飾、各種副資材に至るすべてのデザインにこだわりをもって携わってきました。
お客様の展開されるサービスや商品のターゲットになる利用者様の多くに共感をもって受け入れられる「第一印象をデザインする」包括的なご提案は当社にお任せください。

デザインの対象(ほんの一例です!)

  • 看板
    看板 Signboard
    ・フラッグ
    ・袖看板
    ・テント
    ・A型看板
    ・タペストリー
    ・懸垂幕
    ・のぼり・のれん
    ・デジタルサイネージ
    ・バックライトフィルム
    ・カッティングシート
    ・食品サンプル
    ・サンプルケース
  • 空間デザイン
    空間デザイン Space Design
    ・空間装飾 ・導線設計 ・家具
  • Webデザイン
    Webデザイン Web Design
    ・ランディングページ
    ・スマホ対策
    ・ホームページ
    ・SEO対策
    ・バナー
  • 販促物&備品
    販促物&備品 Sales Promotion
    ・メニューブック
    ・パンフレット
    ・チラシ
    ・ポスター
    ・プライスカード
    ・ショップカード
    ・スタンプカード
    ・コースター
    ・マッチ
    ・ポケットティッシュ
    ・うちわ
    ・ボールペン

導入事例

神戸かつひろ様

専門店の本格とんかつを使用した、こだわりのカツサンドの宅配サービスを展開する神戸かつひろ様。
ロゴデザインから、店舗運営に関わるほぼ全てのデザインを当社で手がけました。

導入事例イメージ

コンセプトってどうやって決めたらいいの?上に戻る

まずは事業の方針「5W2H」を決めましょう!

例えば飲食店では「今日はこの店のあれが食べたい!」「ゆっくり話したいからあの店に行こう」など、強みを明確にできたコンセプトの作成が長く続けられるお店づくりに求められます。
リピーターがつく、印象に残る店づくりを漠然としたイメージから具体化するには「5W2H」に当てはめて考えるのが有効です。
ターゲットや時間、メニューなど、利用者様との接点が具体的にイメージできるので、それぞれの項目に対して「より特色を出すにはどうすればいいか?」を考えていきます。

ロゴマークから始まる、あなたの思い描く夢上に戻る

実はとっても重要!早期のロゴマークの決定

あなたの創業計画でロゴマークの決定はいつですか?
ロゴリンをご利用頂いたお客様のなかには施工業者への納品期日ギリギリまでロゴマークを決めかねている方がいらっしゃいます。

おススメしたいのは、自分の思い描くコンセプトを準備過程の早期にロゴマークとして形にすることです。
そうすると、関係者への意思疎通もスムーズにできて期待以上の提案に繋がったり、差別化された世界観を作り出すことにじっくり取り組めます。

  • ロゴマーク決定

    最初にコンセプトをカタチにします。

  • 開業準備がスムーズに

    ロゴマークがあることで、一貫したコンセプトの元で準備ができます。

  • 質の高い開業

    より完成度の高い世界観を作ることができます。

事実、ご採用頂いた後の感想で「想像以上の出来でたいへん満足です。
もっとはやく頼んでいれば外観や店内装飾もこのデザインでまとめられたかもと思われ...
残念!」といったコメントを頂くことがあります。

ロゴマークの最終OKを頂いた際のお客様の「よしっ、これでやって行こう!」とモチベーションが高揚する様を目の当たりにしていつも感じることは、みんなそれぞれに成功してほしい。という事です。

店舗デザインってどうしたらいいの?上に戻る

店舗デザインの流れ

創業にあたり例えば店舗の設計は知人縁者に依頼することになる場合でも
デザインに関してはご自身の感性にフィットするデザイナーといっしょに考えたいと
いうご意向にも対応いたします。

知人縁者ゆえに納期管理がルーズになったり、要望への対応にこだわりが
感じられない、またその修正が利かないなど些細な感覚のズレや意識の差が
やがて修復できない溝を生むケースもあります。

店舗デザインの流れ

ロゴマークの制作過程で得たフィーリングをもとにしてコンセプトにマッチした空間装飾を支給される立面図にデザイン展開してご提案することが可能です。

もちろん当社が提携する設計事務所と店舗の現地調査に同行して物件を内覧して、現在の状況確認から、寸法を計測して厨房や客席、導線などを予算・日程と併せてご提案することが可能です。設計事務所との契約も責任をもってお手伝いします。

創業計画書ってどうやって作るの?上に戻る

創業計画書の作成

独立開業を果たすためには“資金”がなくては始まりません。自己資金に加えて借入する場合に必要なのが「創業計画書」です。

創業計画書とはただ漠然と数字を並べるものではなく、開業の目的・動機、営業内容・方針、セールスポイント、今後の展望などについて明確に表示する必要があります。
後々、融資を受ける際に創業計画書がその人の気迫と熱意を計る判断基準に
なるので自分の言葉を使ってできるだけ具体的に述べるようにしましょう。

店舗コンセプトなどの方向性が決まったら、具体的な資金計画に入ります。
思い描いた店には、いったいいくらかかるのか?
自分が用意できる資金はいくらあるのか?
どの程度融資してもらえるのか?など、
限られた資金の中で、最善を尽くして開業へとこぎつけることになります。

当社は金融機関と連携して開業される方向けに資金調達のご支援を行っています。
財務に特化したコンサルタントを迎え入れ開業資金、運転資金計画の作成にも実績多数です。

ビジネスマナー講習のご案内上に戻る

マナー、接遇セミナーもお任せください

ビジネス成功のカギは「人の力=人財」です。
アルバイトでも未経験者でもお客様から見れば、スタッフ全員が「接客のプロ」であって欲しいと思います。

「相手の立場に立って考えられる、行動できるスタッフ」を育てませんか?

新入社員だけではなく、リーダー、店長、管理職者、それぞれの立場に必要な内容の研修を用意しています。

当社のマナー、接遇セミナーで身につくもの

「親しみやすさ」と「なれなれしい」とは違います。
基本のマナーを知らないで接客していると、知らず知らずのうちに相手に不快感を与えているかもしれません。それは大きな損失です。

「知っている」マナーではなく「表現できる」マナーを身につける、そういう人材を育てる研修をお任せください。